NextMindのBMI機器で遊ぶ

NextMindのBMI機器が届いた。

 

www.next-mind.com

 

早速触ってみる。

 

セットアップ

f:id:filot_nextd2:20210112131629j:plain

f:id:filot_nextd2:20210112130758j:plain

f:id:filot_nextd2:20210112131654j:plain

↑この後ろの突起を後頭部に付けて、視覚野の電波(VEP)を拾い、

機械学習でデコードし、結果、何を見ているかを判断するとのこと。

 

セットアップは簡単で、

  1. https://www.next-mind.com/developer/

  2. ↑からNextMindSDKをダウンロード
  3. あとはインストーラーを通せばOK

とても簡単。

 

が、その後の、計測するためのキャリブレーションと操作が、少し難しい。

何が難しいかというと、

 

キャリブレーション

f:id:filot_nextd2:20210112133340p:plain

 

↑後頭部に十分フィットしてるか確認するのだが、画像にあるPerfectの状態を保つためには、装着用バンドをかなり締めなければならない。

結果、突起の圧が増すため、長時間付けるのは難しかった(体感だと、頑張っても30分とか、、)

装着に苦戦するのは、東洋人は後頭部が、西洋人と比べて絶壁気味の人が多いからだろうか。。。

 

操作 (※動画をポップアウトすると様子が分かる)

 

↑注視していると、周りをまわっている3つの四角形が中心に集まり、

三角形になる、その状態が選択されている状態として認識されるとのこと。

これ、ただ見ているだけではうまくいかないこともあり、

コツをつかむために練習が必要になる。、、コツは人による?

 

慣れたところで、サンプルを試してみる。

 

サンプル (※動画をポップアウトすると様子が分かる)

 

 

流石に選択迄に数秒必要だが、用途によっては十分だと思う。

これが$399。BMI(BCI)も、一般に知られるようになると嬉しい。

 

unitypackageの形でSDKを操作可能なので、

次回はそれを試す。