使っている翻訳ツールの紹介

最近英語で書かれたPDFを読む機会が増えてきたので
使っている[英->日]翻訳ツールを紹介します

Chrome 拡張機能

f:id:filot_nextd2:20210406173618p:plain:w200


Google翻訳

f:id:filot_nextd2:20210406182807p:plain

アイコンをクリックすると画像のような画面が表示されます
f:id:filot_nextd2:20210406173718p:plain:w300

全文翻訳

「このページを翻訳」をクリックすると全文翻訳されます

翻訳もわかりやすいですし
翻訳されたページの一文にカーソルを合わせると原文も表示されるので使いやすいです
f:id:filot_nextd2:20210406180432p:plain:w300

一文翻訳

翻訳したい文を選択するとアイコンが表示されるのでクリックします
f:id:filot_nextd2:20210406181306p:plain:w300


そうすると翻訳元と翻訳語の文が一緒に表示され、スピーカーアイコンをクリックすると読んでくれるので単語の読み方も一緒に学習できます
f:id:filot_nextd2:20210406181310p:plain:w300


選択した文の文字数が多かった場合アイコンは表示されないので右クリックをしてメニューから「Google翻訳」を選択してください

新しく別タブで翻訳ページが開かれます
f:id:filot_nextd2:20210407162305p:plain:w300




iKow!ポップアップ辞書

f:id:filot_nextd2:20210406182810p:plain
単語を調べるのに便利です
機能を有効にすると単語にカーソルを合わせただけで次の画像のように辞書が表示されます
f:id:filot_nextd2:20210406182245p:plain:w300
こちらもスピーカーアイコンをクリックすることで発音の学習ができます
便利なのですが、カーソル位置に注意しないと頻繁に表示されるので嫌になります
すぐに表示されるというのが長所でも短所でもありますが
多くの単語を調べたい場合に便利です

Mouse Dictionary

f:id:filot_nextd2:20210406182812p:plain
こちらも単語を調べるのに便利です
単語にカーソルを合わせると辞書が表示されます

f:id:filot_nextd2:20210406184202p:plain:w300

一つ前のiKow!ポップアップ辞書とは違って辞書が表示される場所が固定されています
表示される領域の移動やサイズ変更が可能なので邪魔にならないという利点があります

先ほど文の右側に表示していたので、今度は下側に表示してみました
f:id:filot_nextd2:20210406184326p:plain:w150

邪魔にならないので良いのですが、単語の読み上げはしてくれません


PDF Translator

f:id:filot_nextd2:20210406182815p:plain

PDFファイルを読むときに便利です
機能を有効にしたあと、Web上に開かれているPDFページを再読み込みしてください
開いているクロームのタブアイコンがPDF Translatorと同じアイコンになったと思います
f:id:filot_nextd2:20210407160029p:plain

その状態で文を選択すると紫色でハイライト表示されます
f:id:filot_nextd2:20210407160109p:plain:w300
文が選択されるとDeepLが機能して翻訳が表示されます
f:id:filot_nextd2:20210407160230p:plain:w300


ローカルPDFを翻訳したい場合はオプション設定が必要となります
拡張アイコンを右クリックするとメニューが表示されるので、オプションを選択してください
「ファイルのURLへのアクセスを許可する」
を有効にしてください
f:id:filot_nextd2:20210407164708p:plain

有効にしたらローカルファイルをChromeで開いてください
先ほどと同じように文を選択すれば翻訳されます

f:id:filot_nextd2:20210407171217p:plain:w300


Google翻訳と違って長文も翻訳できます
その場合スクロール可能なパネルに翻訳が表示されます


右クリックやアイコンクリックなどの作業がなく、長文も翻訳できることが良いところなのですが、文を選択した後に時間がかかることと、翻訳が原文に重なることが気になります

オプション設定でパネル位置を「near」「under」から選択できますが、underは重ならない代わりに原文から遠くなるので好みではなかったです
under設定だとこんな感じです

f:id:filot_nextd2:20210407171148p:plain:w300


DeepL opener PRO

f:id:filot_nextd2:20210406182804p:plain


先にChromeにサインインして同期をオンにしてください
同期をオンにすることで使えるようになります
詳細や使い方は下のリンクに書かれてありました

t3ahat.hateblo.jp


先に上記で紹介したツールを使っていたことと、まず同期をオンにしなければ動かないというワンクッションが好きではなかったのでこれじゃなくても良いかな、と思ってあまり利用していません
他のツールでも使っている機能がついているので使ってみたら便利なのだろうと思います


オンライン

Doc Translator

PDFファイルを翻訳したい時に使います
レイアウトを保持してくれるため、図が多いファイルに便利です
ページを開いたら「今、翻訳する」をクリック
f:id:filot_nextd2:20210407200626p:plain:w150

翻訳したいファイルをアップロードします
f:id:filot_nextd2:20210406173559p:plain:w300
アップロード中...
f:id:filot_nextd2:20210406173604p:plain:w300

アップロードが終わったら少し下にある「翻訳する」をクリックします
f:id:filot_nextd2:20210406173549p:plain:w300
ページが遷移して翻訳が開始されます
終わったら「翻訳された文書をダウンロード!」
f:id:filot_nextd2:20210406173556p:plain:w300


こんな感じになります
差分を見たいので、左が英字で右が翻訳後のものを並べています
ダミーPDFではないのでぼかしをいれていますが、レイアウトが保持されていることはわかると思います

f:id:filot_nextd2:20210407201145j:plain:w300f:id:filot_nextd2:20210407201150j:plain:w300


広告が多いですが、便利です

Google翻訳

こちらは説明不要なくらい簡単です
テキスト翻訳は先の拡張機能と同じなので省略します
左上の「ドキュメント」をクリックすると「パソコンを参照」ボタンが表示されるので、押下してファイルを選択します
f:id:filot_nextd2:20210406173359p:plain:w300
選択したファイル名が表示され、「翻訳」ボタンが表示されるため、クリックします
f:id:filot_nextd2:20210407201834p:plain:w300

翻訳されたドキュメントが表示されます
f:id:filot_nextd2:20210407202019p:plain:w300


UIを見たら使い方がわかる簡単さですが、イラストや図が挿入されている場合にレイアウトは保持されないため、読みづらくなってしまいます

アプリ

DeepL

www.deepl.com


読めない単語や文書を選択してショートカットキー「Ctrl+C/⌘C」を2回押すだけで立ち上がるので気軽に使えてオススメです
ただ、ファイル対応は「.docx」「.pptx」「.txt」となっているのでPDFは読めません
PCにはPRO版を入れています


よく使うもの

Google翻訳(拡張機能)
DeepLアプリ
この2つをよく使います

図が入っている長いPDFを読む場合はDoc Translatorを使います

あとは翻訳使わなくても読めそうな場合は単語の読み方も見たいのでiKow!ポップアップ辞書を使っています





最後に、今回使ったダミーファイルはこちらで生成しました
www.blindtextgenerator.com

アクチュエータとは

触覚フィードバッグに興味を持ったため、どのようなアクチュエータがあるのかを調べてみました
アクチュエータは皮膚に刺激を与えるために使うつもりです

 

アクチュエータとは

こちらこちらを参考にしました

アクチュエータとは

“エネルギー”を、直進移動や回転・曲げなど、何らかの“動作”に変換する装置のこと

入力されるエネルギーには以下のものがあるそうです


・電気 (サーボモータ、ステッピングモータ、リニアモータ)

・油圧 (空気圧シリンダ、空気圧モータ)

・空気圧 (空気圧シリンダ、空気圧モータ)

・その他 (形状記憶合金アクチュエータ、超音波モータ)

 

仕組み

先ほど貼ったリンクの画像がわかりやすいので紹介します

f:id:filot_nextd2:20210330185442j:plain


触覚フィードバッグにはどれを使うのか

「あったらいいな」と思う条件がいくつかあります
・少ない電力で動く
・デバイスが小さい
・応答時間が速い
・なるべく低価格

指先で試すつもりなので小さい方が良いです
小さいものを複数制御した方が複雑な触感になりそうだと思うところもあります

アクチュエータには色々種類がありましたが触覚フィードバッグにはどの種類が良いのか
まとめてくれているところを見つけました
触覚研究用振動子まとめ

初心者にとっても、とてもわかりやすくまとめてくれているので参考にし、ピエゾアクチュエータを買うことにしました

Raspberry Pi Picoを触ってみた

タイトルの通りラズパイピコが手に入ったのでとりあえずLチカしました

 

 

Raspberry Pi Picoとは

Raspberry Pi Foundation初のマイクロコントローラーボードです

詳しくはこちらです

 

f:id:filot_nextd2:20210326220620j:plain

 

スペック

 項目  内容
 搭載マイコン  RP2040
 サイズ  21x51mm
 CPU  デュアルコア ARM Cortex M0+プロセッサ
 SRAM  264KB
 フラッシュメモリ  2MB
 電源  micro USBポート
 有線LAN  x
 無線LAN  x
 Bluetooth  x
 USB  1.1 ホスト/デバイス両対応
 GPIO  26
 SPI  2
 I2C  2
 UART  2
 PWM  16
 PIO  8
 温度センサー  ○
 LED  ○
 価格  $4 (日本では500円~580円くらいで販売)

 

OSの搭載はできない

Python, C/C++のプログラム実行が可能

 

f:id:filot_nextd2:20210329163450p:plain

 

Lチカ 

それではLチカやってみます

必要なもの

・raspberry pi pico

・USBコード(マイクロUSB - PCと接続する口)

 

Getting started タブを参考に進めていきます

MicroPythonを実行できる環境を用意しておいてください

 


私はこちらを参考にThonnyを入れました
Thonnyで実行する場合は右下がMicroPythonになっていることを確認してください

f:id:filot_nextd2:20210329172247p:plain



 

まだPicoとPCは繋がないでください

 

始め方 

1.UF2ファイルをダウンロードします

f:id:filot_nextd2:20210329162210p:plain

 

2.次にBOOTSELボタンを押しながらUSBポートに接続します

f:id:filot_nextd2:20210329162644p:plain

これでマウントできたはずです

 

3.RPI-RP2というデバイスが表示されているはずなので、そこに1でダウンロードしてきたUF2ファイルをドラッグアンドドロップします

Picoが再起動されます

 

 ソースコード

あとはMicroPythonを実行できる環境で以下のコードを実行します

ドキュメントを参考に書いてみました


from machine import Pin
import utime

led = Pin(25, Pin.OUT)

while True:
    led.value(1)
    utime.sleep(1)
    led.value(0)
    utime.sleep(1)

 

LEDが点滅します

f:id:filot_nextd2:20210329170836j:plain

 

自動運転バス試乗してきた

前置き

弊社Filot(ファイロット)は
福岡地域戦略推進協議会(Fukuoka D.C.)の会員だが、
FDCが参画している Fukuoka Smart Easts 推進コンソーシアム にて実施される、
ハンドルのない自動運転小型バス「NAVYA社製 ARMA」を使用した
実証実験の試乗モニターの募集があったので、
試乗してきた

www.fukuoka-dc.jpn.com

smartcity.fukuoka.jp

www.macnica.co.jp

 

公共交通における社会課題としては、
・バスのドライバー不足
・廃止路線の増加
・バス会社の経営難
・高齢者は自由に移動ができない
などが挙げられている

GPS、LiDAR、SLAM等により走行位置座標の検出を行い、
あらかじめ設定されたルートに沿って自動制御で走行するとのこと

実証実験では、箱崎でのまちづくりを進めるうえでの走行課題、
モビリティの安全性や機能性を検証する

場所は貝塚公園

公園の一部、約400メートルを、時速7kmで走行する

様子

f:id:filot_nextd2:20210329162030j:plain

f:id:filot_nextd2:20210329163138j:plain

感想

時速7kmではあるが、乗り心地は普通のバスと変わらず、よい

車内の様子もカメラで撮影しているので、安心感がある

目的地の設定は、現状自分で車内備え付けのパネル上で選択しなくてはならない。
定期券などを利用するときと比較して手間が増えているので、
UXを洗練すれば普及するかもしれない

触覚について調べてみよう

触覚フィードバッグに興味を持ったため
触覚とは、調べてみました

 

 
触覚とは

私たちは普段から指を使って色々作業を行なっています

その指が触れているという状態はどのようなものなのか調べてみたいと思いました

 

普段から色々多く触れているのだと思いますが意識はしてません

まず思いつくのはPCのキーボード、スマホ、洋服など

それぞれ「つるつる」「ざらざら」「柔らかい」「硬い」指先だけで感じることができます
PCのトラックパッドなどクリックした感覚がなければ使いにくそうです

それに触覚がわからなければ物を掴むことも難しいでしょう

さて、感覚はどうやって生じているのか

 

触覚を受ける神経

人間の皮膚にある触覚の受容器には
・メルケル細胞
・マイスナー小体
・ルフィニ終末
・パチニ小体
などの神経があるそうです

「皮膚の受容器」などで画像検索すると構造断面図がでてきます
こちらから画像をお借りしてきました

f:id:filot_nextd2:20210325184447j:plain

これらの神経細胞が外力による皮膚変形を刺激として受け取り、この刺激によって「触れた」という感覚になるようです

また、この刺激応答には2種類の型があるそうです

・遅順応型(Slowly Adapting : SA型) - 刺激のはじめと終わりに反応
・速順応型(Fast Adapting : FA型) - 持続的な変形に反応


先ほど紹介した4種類は以下のように分類されるとのこと
SA型 : メルケル細胞、ルフィニ終末
FA型 : マイスナー小体、パチニ小体 

これらは「刺激に慣れてしまう速度」によって別れているそうです

もっと細かくSAI, SAII, FAI, FAIIと分けられるようですが、今はそこまで詳細に知りたいわけではないので置いておきます

※ちなみにIとIIは受容野の境界が明瞭かどうかによって分けられるそう。
知識のない私は「受容野」を調べることになります

受容野 - Wikipedia

 

 

つまり、この神経に自在に刺激を与えることができれば擬似触覚ができるというわけですね

さて、どうやって刺激を与えられるのか、、

 

触覚を外部から与える

どうやら電気を送ることで神経に刺激を与えることができるようです

人間の細胞は電気を帯びており、電気的な刺激が加わることで反応する性質なのだそう

 

ではどのように刺激を送れば「つるつる」や「ざらざら」が表現できるのかです

 

触覚を表す言葉は多様にあります

「触覚 オノマトペ」

などで調べると色々な記事がでてきます

一体触覚とはどれだけの種類があるのか、、

はっきりと何種類かはわかりませんでしたが「ふわふわ」「べとべと」「さらさら」「でこぼこ」思いつくだけでも多いということはわかります
わかってるだけで何十種類もあると書いてある記事もありました

 

結局触覚を表すものって何なのか

触相図

というものでなんとなく理解したつもりになってみました

触覚を表すには "粗さ、硬さ、湿り気" が必要そうです

他に温冷も必要そうですが、とりあえず感覚として掴みやすそうな粗さと硬さを調べてみます

 

ではそれぞれをどうやって表現できるのか

粗さ

皮膚を押すことと皮膚を擦ることで受ける刺激によって粗さを表現でき、マクロ刺激ととミクロ刺激というようです

マクロ刺激 :

 押し当てて接触面の圧力によって知覚する

 (メルケル小体)

ミクロ刺激 :

 触動作に伴って皮膚表面に振動や動的なふるまいを知覚する

 (マイスナー小体、パチニ小体)

 

振動は電気によって表現できそうな気がします
スピーカーをイメージしてます

 

硬さ

皮膚を押し返す反力の関係で硬さを感じるようで

弾性、剛性が関係するようです

 

指の柔らかさより柔らかければ柔らかいと思うのか、押すことで接触する面が増えることで柔らかいと感じるのか、

反力が集中しているのか分散しているのかで柔らかさを感じるのか、

どうやらまだどういう情報によって柔らかさとしているのかはっきりしていないようでした

深部感覚皮膚感覚両方が関係するようです

自分の指の硬さも関係するためなのか、見てみた論文ではそれぞれの方法で定義して実験を行なっていました

触れる材質の弾性(ヤング率)と物体の剛性(ばね定数)を合わせたもので判定しているものが多かったです 

材質を叩いた場合と押した場合でもまた関係は変わってきそうですね

 

 

次回 触覚フィードバッグを試してみたい

ネットで検索するのではなく、もっとちゃんと調べてみたいですが、とりあえず興味本位でちょっとやってみるようなものでは無いですね

粗さを表すの振動だけでも触ってみたいです
それだけでは材質を表現はできないと思いますがひとまず、指で物体をなぞるときに振動を発生させたいです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神経科学入門メモ書き_2

前回↓

filot-nextd2.hatenablog.com

 

今回はこちら↓

www.amazon.co.jp

 

  • ゲシュタルト群化原理

    kosuken.exblog.jp

  • 単純接触現象

    ja.wikipedia.org

  • ↑に、視線誘導を付け加えると、感情に影響を与えることが可能
  • 恋愛と薬物で反応する脳の部分は同じ(報酬系、腹側被蓋野)
  • サブリミナル効果は淡蒼球(大脳基底核)という脳部位が関係する

    theory.work

  • ひらめき(説明可能:意識)は大脳皮質、直観(説明不能:無意識)は基底核
    直観の例は、ブーバ・キキ試験

    ja.wikipedia.org

  •  手続き記憶は無意識かつ正確(箸で米を食べる、バスケットボールのシュートetc..)、訓練により磨かれる

  • 訓練により磨かれ、直観として現れる
    将棋のプロの試合で、中盤は手数が多く、読めないため、その際直観として最良の手がわかることがある
  • 対象の好き嫌いは操作できる(好きな音楽を聴かされているときに試し書きしたペン、嫌いな音楽を聴かされているときに試し書きしたペン)
  • 情報として頼りになるのは脳よりも身体
    握力測定中、モニター等を使い、サブリミナル効果で「がんばれ!」と出すだけで握力が増す
    ミュラーリヤー錯視をつまもうとすると、頭の中では短い、長いとゆう錯覚を起こしているにも関わらず、指は同じ感覚でつまもうとする

    illusion-forum.ilab.ntt.co.jp

  • 脳は、自分のとった行動を通して、自分の状況を理解している
    脳梁が仮に切断されている状態で、「ペン」という文字を、左右どちらかの視野に表示した場合、右の場合、視野の情報は左脳に届くため、言語野の影響もあり、表示されたものが「ペン」だと認識できる。
    左の場合、右脳に届くが、言語野は左脳にあるため、文字は表示されているが、それが何かはわからない、ただし、目の前にいくつかモノを置いておき、該当するものを拾うようにと指示すると、ペンを手に取る。そしてさきほど表示されたのがペンだとそこで初めて「意識的に」理解する。
    右脳に「ドライバーを取れ」、左脳に「時計を取れ」と表示し、両方とらせたあと、ドライバーを取れは認識していないはすなので「何故ドライバーを手に取ったのですか」と聞くと、時計を修理しだすためと言い出す。答えた本人は至って大真面目(作話)。 健常者であっても、よくある、そして無意識なので気付かない
  • 整合性を付けたほうが安心できる為
  • 心の痛みと、身体的な痛みで反応する脳部位は同じ
    包丁で指を切った話をすると、背筋が震えるが、その際にも痛みの脳回路が該当する、他社との共感は、痛みの回路を流用している
  • 側頭葉のある部分に自分を認識する回路がある
  • 頭頂葉と後頭葉の境界、角回を刺激すると、幽体離脱を起こせる

    gendai.ismedia.jp

  • 五感の中で、嗅覚のみ視床を通らずに大脳皮質に届く、その為、寝ていても匂いは感じ取れる
  • 構造が保たれていれば、ある程度の共通の認識が生まれる(甘い、苦い、黒い、白い、熱い、痛いetc...)
  • 運動前野、補足運動野が、運動の計画をたて、運動野が身体に指令を出す
    運動野を刺激すれば身体が動く、運動前野、補足運動野を刺激すれば、動かしたくなる(エイリアン・アーム・シンドロームみたいなもの)
  • 脳の電気活動には「ゆらぎ(α波)」がある
    神経細胞へのシナプスからの入力が一定ではないことにより生じる
    神経細胞のスパイクには閾値があるため
  • ゆらぎの利点は
    効率よく正解に近づく(パチンコで後で台を変えるとき)
    弱いシグナルを増強する(人間の目が、カメラと比較して、暗いところでコントラストを保ったまま見えるのは、弱いシグナルを検出して全体を見えやすくしているため)
    創発のためのエネルギー源(単純なルールを組み合わせて、思いがけない効果を得ること)
    の3つ
  • ゆらいでいる電気活動は、創発によりある時規則正しくなる(ベキ則)
  • 脳のベキ則は、神経細胞の回路の構造から生み出される
  • 回路の構造+ノイズ=機能となる
  • ゆらぎは重要
    ゴルフでパターショットを行う際、ゆらぎの状態を把握すれば、いつ打てば入るとかがわかるようになる
    他、集中を必要とする行動、記憶等々
  • ゆらぎ自体のコントロールは可能。α波を目に見える形で計測し、念じる
    訓練すれば操れるようになる、自律神経が意識的に制御できないのは、自律神経自体にフィードバックの為の回路が存在していないため、目に見える形で現在の値を表示させれば、訓練次第で制御可能。興奮してるときに落ち着かせたり、血圧を下げたり

 

直近ではゆらぎの制御が目玉になる(なっている)のだろう。

脳により世界が構築されるという点はやはりおもしろい。

3Dプリンタパーツの接着とFlashPrint設定

 

目的

3Dプリンタを使ってボックス型で上部が開いたケースを作りたい

 

パーツ接着

3Dプリンタで大きめのケースを作りました
使用した3DプリンターはAdventure3です

f:id:filot_nextd2:20210105131140p:plain


Adventure3の造形サイズは150mm角対応していますが、作りたいケースは170~180mmほどのボックス型ケースです

対応サイズより大きいので分割してくっつようと思います

 

モデリングは四角を作るだけなのでささっと作成
作成したら150mm内に入るように8分割しました

こんな感じです

f:id:filot_nextd2:20210224195636p:plain


各パーツを出力しました

 

くっつけるのにはアクリサンデーを使います

f:id:filot_nextd2:20210105141000j:plain

 

小さいパーツで試したところしっかりくっつきました!

f:id:filot_nextd2:20210224200544j:plain

 ↑2つのパーツを接着してます

 

次に大きいパーツの接着に入ります

 

ここで問題発生です

作業台にしていたカッターボードの素材が合わなかったようで
ボードに液体が落ちて膨らんできました!

慌てて近くの布で拭きましたが表面が溶けていきます、、
もう手が出せずにそのまま放置した結果
ちょっと破れて表面に拭いた後が残りました
乾燥したら萎んで綺麗に戻りました
よかったです

f:id:filot_nextd2:20210224201405j:plain

膨らんだときの画像は慌てていて撮影してません、、

 

とりあえず接着続けます

結果、こんな感じ。

f:id:filot_nextd2:20210225171209j:plain

 

まぁまぁ綺麗に接着できてると思います


そして反対。

 

f:id:filot_nextd2:20210225171248j:plain

 

液漏れしてマットにくっついてしまったところです

とても残念です

テープなどで仮止めしながらやるべきでした

もしくは、アクリルやガラス用に強力両面テープもあるようなのでそちらを用意するべきでした

 

 

また、接着の際の注意事項ですが
出力した樹脂が溶けてスポイトの先が詰まり液が出ず、詰まったことに気づかないまま押してしまって液が飛んできました

目に入らなくて本当によかったです

ゴーグルあった方が良いですね

スポイトの先が詰まった場合、詰まった先を液につけることでまた溶けて元に戻ります

無理をしてはダメです

 

 

結局、出来上がりが結構汚いので、再度プリントし直してレゴブロックのように凹凸をつけてくっつけることにしました

アクリサンデー使いません

 

モデリングに変更を加えます
厚みも結構あったので少し薄くしました

こんな感じです

凹凸が見えるように1パーツ非表示にしてます

 

f:id:filot_nextd2:20210225172242p:plain

 

プリント出力してくっつけた結果

f:id:filot_nextd2:20210225172618j:plain f:id:filot_nextd2:20210225172621j:plain

 

なかなか綺麗にくっつきました

持ち上げても大丈夫です

 

くっつけるための凹凸を作るために先に小さなブロックを作って試したのですが

サポート材の設定が良くないのか、穴が潰れたりサポート材が剥がれなかったりしてうまくいきませんでした

なので小さなブロックで設定値を変えて試します

f:id:filot_nextd2:20210225173206j:plain

さらに試します

f:id:filot_nextd2:20210225173212j:plain

 

モデルの向きを変えて出力したり凹凸の隙間を変更してみたり
サポート材をつけないようにしたり、、

 

結局FlashPrintの設定値を変えて

凸にサポート材をを使って凹には使わないようにしました

 

FlashPrint設定

 

ブロックの凹凸につけるサポート材の設定と

もう一つ気になる点がラフトを剥がした後です

印刷向きを変えると多少よくなりましたが1つ目のは汚いです

f:id:filot_nextd2:20210225171858j:plain f:id:filot_nextd2:20210225171900j:plain

 

 これらの設定をどうしたら良いかわからず検索しました

 

ラフトなしでプリント

ラフトは無いとプリント時に1層目でプラットフォームに定着せず積層ができないと思っていました

こちらの動画のコメントを見て移動速度が大事なのだと気づき、一層目の最大移動速度を変更することで解消しました

www.youtube.com

プリント設定はエキスパートモードにしています

f:id:filot_nextd2:20210225180152p:plain

設定を変えるのは一層目の最大速度と最大移動速度です

これでラフトなしでも積層されるようになりました

 

ラフトを綺麗に剥がす

今回はZ軸に凸が並んでる場合にサポート材必須なのでラフトはあった方が良さそうです

f:id:filot_nextd2:20210225181126p:plain f:id:filot_nextd2:20210225181237p:plain

サポート材をつけてラフトなしにするとメッセージが表示されます

f:id:filot_nextd2:20210225180955p:plain

 

ラフトを綺麗に剥がす設定ですが、こちらを参考にさせていただきました

とてもわかりやすかったです

www.youtube.com

私は積層ピッチは0.18mmにしました

ラフトのモデルスペースは0.21mmです

 

冷却ファン状態

小さいブロックでは問題なくても、サイズを大きくするとと穴が潰れてしまします

フィラメントは、温度が下がると収縮してしまうそうなので冷却しないようにしました

f:id:filot_nextd2:20210225173206j:plain f:id:filot_nextd2:20210225173507j:plain

 これは冷却タブにある冷却ファン状態を「起動しない」に設定することで解消しました

f:id:filot_nextd2:20210225182228p:plain

f:id:filot_nextd2:20210225182338j:plain

 

これでブロック状のプリント出力ができるようになりました 

設定が細かくてなかなか難しいです 

 

 

今回初めて黒のフィラメントを使ってみましたが、綺麗に見えていいですね
付属されていた赤色はクリア感があったのでケースにするには黒の方が良さそうでした

 


エキスパートモード設定の詳細はこちらに説明がありましたのでリンクを貼っておきます